「マクロビオティック」を日本語で一言で言うなら、<食養道>と言えます。

 古来より日本では、<道>と名のつくものが色々とありました。華道、書道、茶道、剣道、柔道などなど。これらは、当初、東洋から伝わった様々な文化を、芸術として、また、生活や人生に生かすものとして、一つの型に創り上げたものですが、こうした体系化は、元来、日本人の最も得意とするところでありました。

 <道>とは、老子が言った言葉で、森羅万象を産み出す無限の世界、宇宙の実在を顕すものです。西洋ではこれを<神>と言い、東洋では<仏>と言った名前で呼ばれています。

 つまり、<華道>とは、花を通して、私たちのいのちが自然や宇宙と調和、一体化する世界を遊び、楽しむものであり、<書道>は書を通して、<茶道>は、お茶を通して、<剣道>や<柔道>は武術を通して、自然を体感し、宇宙に思いを馳せることを楽しみ、遊ぶものだと言えます。

 その意味で言うなら、<食養道>とは、食を通して私たちのいのちが、自然や宇宙と一つになることを楽しみ、遊び、学ぶ芸術、人生を豊かにする生き方術と言えます。

宙八。
01041001372