【花粉症の対策について】

こんにちは、きおまです。
3月になると、花粉症の季節ですね〜。
ツラい人は辛いと思いますが、今日は簡単な対応などを記載します。

科学的に、というよりも経験則、マクロビオティックの考え方などを中心に記載しますので、その辺よろしくお願いします〜笑

食事が花粉症に与える影響などは体質によってもいろいろありますが、冬の間に摂った乳製品や甘いもの、清涼飲料水、油の多いもの、果物などが影響している可能性があります。

もし冬の間にそれらをいっぱい食べた、飲んだ、と思い当たる人がおり、花粉症にも悩まされていたら、その可能性も考えてみてください。

それらの食べ物を控える事を検討してみてください。
過剰な飲み物の摂取も止めた方が良いです(特にアルコールや甘い飲み物などは控えた方が良いです)

身体を冷やすのも良く無いですので、冷え性の方は身体を冷やさないようにしてください。

摂取すると良いものは、梅しょう番茶、しょうが入りの番茶、くず湯、味噌汁などです。

運動も適度にして、主食の量を増やして、副菜を減らすなども良いですね。良く噛むことも大事です、唾液の中には免疫系を高めるホルモンや代謝酵素なども含まれています。

いわゆる半断食セミナーで実施する内容を家でも実践されると花粉症対策になります。

食事での対応などが大変な方は、しょうがシップ(熱いお湯にしょうがの絞り汁を入れたものにタオルを浸けて絞る)で目を中心に温めると良いと思います。
これはけっこう気持ち良いですよ。くれぐれも熱くimagesしすぎないようにしてくださいね。

辛い人はとても大変だと思います、薬などに頼らずに治せるのが一番良いとは思いますので、出来る部分から取り組むなどしてみてください〜。